2014.10.29|History, Diary街のアイビーリーガーズ2:ボタンダウンとローファー

IMG_0008
アイビーファッションとは、
1954年、アメリカ東部のハーバード大学・イェール大学・コロンビア大学・ペンシルバニア大学・ダートマス大学・
コーネル大学・プリンストン大学・ブラウン大学の8校により結成されたフットボール連盟(アイビーリーグ)が起源とされ、
各校にはレンガ作りの校舎があり、そこに茂る蔦(アイビー)が象徴となり
【アイビーリーグ】とよばれるようになったと言われている。

そんな中そのアイビーリーガーズ達が好んできたファッションスタイルを
「アイビーファッション」、「アイビースタイル」という。
ボタンダウンやローファーは代表的なアイテムだ。

SEBAGOの誕生が1946年。
IVYの誕生が1950年代と言われているから、
歴史的にみても当時のアイビーリーガーズのファッションとクロスオーバーするのだ。

いまから30年ほど前に、私が先輩方にアイビーの「肝」を教えて頂いていたあの頃、
私は彼ら「アイビーリーガー」達がかなりのレベルの学校である事や
プレッピーが良家の子息達のファッションだという意味を理解してはいなかった。

「そうか、僕は対極のものに魅かれていたという事か。(笑)」