2014.11.20|History, Diaryニューイングランドとセバゴ。

IMG_0026
ニューイングランドは、私の中では「アメリカが始まった場所…」というイメージでしたが、
具体的には東部の6つの州を合わせてこう呼ぶそうだ。
コネチカット州、マサチューセッツ州、バーモント州、メイン州、ニューハンプシャー州、ロードアイランド州、
ここを紐解いていくと、セバゴの歴史が分かる気がする。

コネチカット州はニューヨークに近く、都市のイメージ。
差し詰め、セバゴのシューズで言えば、「ドレスコレクション」。

次にマサチューセッツ州、そうか、確かボストンはハーバードの街だったか。
ここがカレッジスタイル、プレッピースタイルの聖地だとすれば正に、「ローファー」の街かもしれない。

バーモント州は、自然豊かで山も沢山だから、ここはラギッドスタイル「キャンプサイド」が代表作。

ニューハンプシャー州は大西洋に隣する海岸線。
ならば勿論ボートシューズの「ドックサイド」。

ロードアイランド州は、ニューポート湾があって、セーリングの街というイメージだから、
そうそう「パフォーマンスシリーズ」。

ちゃんとシリーズに当てはまっているのだな…。