2014.10 Articles

2014.10.29|History, Diary街のアイビーリーガーズ2:ボタンダウンとローファー

IMG_0008
アイビーファッションとは、
1954年、アメリカ東部のハーバード大学・イェール大学・コロンビア大学・ペンシルバニア大学・ダートマス大学・
コーネル大学・プリンストン大学・ブラウン大学の8校により結成されたフットボール連盟(アイビーリーグ)が起源とされ、
各校にはレンガ作りの校舎があり、そこに茂る蔦(アイビー)が象徴となり
【アイビーリーグ】とよばれるようになったと言われている。

そんな中そのアイビーリーガーズ達が好んできたファッションスタイルを
「アイビーファッション」、「アイビースタイル」という。
ボタンダウンやローファーは代表的なアイテムだ。

SEBAGOの誕生が1946年。
IVYの誕生が1950年代と言われているから、
歴史的にみても当時のアイビーリーガーズのファッションとクロスオーバーするのだ。

いまから30年ほど前に、私が先輩方にアイビーの「肝」を教えて頂いていたあの頃、
私は彼ら「アイビーリーガー」達がかなりのレベルの学校である事や
プレッピーが良家の子息達のファッションだという意味を理解してはいなかった。

「そうか、僕は対極のものに魅かれていたという事か。(笑)」

2014.10.20|Diary街のアイビーリーガーズ

ivy_2
もう30年ほど前の話、
その頃はいわゆる「第二次アイビーブーム」と言われている時代だった。

私にはいつも傍らでスタイルを奨励(強制?)してくれる立派な先輩がいて、
手取り足取りアイビースタイルの「肝」を教えてくれた。
考えてみればローファーもデッキシューズも、私の歴史はここから始まった。
「街のアイビーリーガーズ」はいつも、先輩と私のバイブルだった。

2014.10.15|Historyローファーの中の美味しそうなお話。

IMGP2770
Sebagoを代表するローファーのモデル「Classic」。
これについて多くの方に「クラシックのビーフロールってなんですか?」と聞かれるようになりました。
ビーフロール」とはローファーのサドルの部分の端っこをモカシンの淵に巻き付けて縫った形状のことで、
ローファーの愛称の一つです。

日本でも以前から履かれているとてもポピュラーなローファーのスタイルで、馴染み深いものです。
セバゴはこのビーフロールスタイルを世に広めた立役者でもあるのです。
どこかで食べたような、なんとも美味しそうなスタイルの名前ですね。

2014.10.10|Info, History1946年に始まったセバゴの歴史。

s.1
1946年にSebagoの歴史は始まりました。
今から実に68年前の話。

国際連合が初めて会合を行い、
日本は終戦後で東京裁判が行われ、SONYの前身である東京通信工業が町工場として創業された、そんな時代です。

今日、日本をはじめ、世界中で多くの方に愛され続けているSebagoの「クラシック」#766というビーフロールローファーは、
その時代、68年前の創業当時と変わらない製法で今も製造され続けています。

Sebagoでは本日よりブログを開始いたしました。
それはみなさまにセバゴのローファーデッキシューズなどに込めた職人達の想いを感じて頂きたいからです。

今後もセバゴの歴史はもとより、シューケアの方法など更新して参りますので、お時間のある時にご覧頂ければと思います。
よろしくお願い致します。